◆プリザーブドフラワーは枯れない

プリザーブドフラワーは枯れる事が無い

プリザーブドフラワーは、フレッシュな花を薬剤によって加工してあるので、植物の柔らかな質感を保ちながらも、水や温度の管理をしなくても枯れる事がありません。
またプリザーブドフラワーは、好みの色に着色する事も可能なので、現実には存在しない色合いの花も作り出す事ができますし、大きさも変える事ができます。
しかし、枯れる心配がなくても、直射日光やスポットライトなどの強い光に長期的に当たると、色あせの原因にもなるので注意が必要です。
フレッシュな花よりも、飾る場所を選びませんが、ホコリが付着してしまうと、綺麗に戻す事は難しいので、定期的に手入れをするか、前持ってクリアボックスなどのホコリ避けになる物に入れて飾るなど工夫をすると良いです。
フレッシュな花とは違い、水が必要ないので紙製の物と一緒に気軽に飾ったり、アクセサリー感覚で繰り返し使う事もできるなど、様々な楽しみ方があるのがプリザーブドフラワーの魅力です。

プリザーブドフラワーは湿気が多いとカビが発生します

プリザーブドフラワーは枯れない プリザーブドフラワーは生花の質感を保ったまま、長期間インテリアとして飾っておけるよう加工された花で、水やりなどの特別な世話をする必要はありません。
花粉が落ちたりもせず、匂いもないのでお見舞いやお供えなど、生花を贈るのが難しい場面でも問題なく贈れます。
しかしプリザーブドフラワーは手間がかからないかわりに、保管場所には注意する必要があります。
プリザーブドフラワーは湿気に弱く、湿度の高い場所に長く放置するとカビや虫食いが発生する事があります。
湿気は色落ちの原因にもなるので、風通しの良い場所に飾りましょう。
また、プリザーブドフラワーを飾ってある場所の近くに、除湿剤や乾燥材などを置いておくと状態良く長持ちさせる事ができます。
また、直接日光に当たっても色褪せしてしまうので、太陽光が直接当たらない場所に置いておく必要があります。
カビが発生してしまった場合、僅かならば切り取ってしまう事もできますが、多くは再びカビが出現してしまうので処分するしかありません。