◆結婚式のブーケをプリザーブドフラワーで

プリザーブドフラワーが人気なのは「便利」だから

プリザーブドフラワーが人気なのは「便利」だから 「プリザーブドフラワー」は、生花の水分を抜くなど特殊な加工技術によって、美しい状態で保存して長期間楽しむことができるお花です。
寿命は、湿度の高い日本では1~2年とされており、保存方法によって保存期間が変わってきます。
湿気に弱くて直射日光に弱いので、クリアケースなどに入れて保存したり、湿度の低い場所で保管しておくと、より長く美しい姿を保つことができます。
プリザーブドフラワーは、生花のままの自然な色合いを出すことができて、水やりも不要でお手入れも簡単です。
また、お花をアレンジメントの状態にして作るので、お部屋などに飾るだけで手を煩われることなく、大変便利な状態でお花を楽しむことができます。
プリザーブドフラワーで使用される代表的なお花は、バラやカーネーション、ガーベラやチューリップです。
お花の色も加工することができるので、赤やブルー、オレンジなどの色もあります。
長期間美しい状態を保って、お手入れも簡単なプリザーブドフラワーは、結婚や出産、母の日などのプレゼントにも最適で喜ばれるプレゼントの一つとして、人気があります。

贈り物に最適!プリザーブドフラワー

贈り物として生花をプレゼントする機会もある中で、最近はプリザーブドフラワーを好んで贈る方も増えています。
プリザーブドフラワーは枯れない花として評判で、生花を特殊な方法で加工してあります。
造花とは違い生花特有の柔らかさや生命力がそのまま感じられ、見た目は本物の花のように瑞々しく見えます。
コスト的には普通の生花よりも値が高いものが多いですが、適切な保管をすれば長い間美しい状態を保つことができます。
しかし、日光や湿度には弱いというデリケートな面もあるので、梅雨の季節などには注意が必要です。
どれだけ綺麗な薔薇の花やカーネーションを貰っても、ひと月もすれば枯れてしまいます。
ですが、プリザーブドフラワーは水を与えなくても長持ちしますので、毎日の水やりの手間が省けて受け取る側にも喜ばれます。
赤やピンクの花もありますが、青や緑といったカラフルな色味を演出できる点もプリザーブドフラワーの強みではないでしょうか。
綺麗にラッピングされた状態のものが多いので、受け取ったそのままを玄関に飾ることができるので贈り物として大変喜ばれます。